デザインフェスティバルについて相談

HOME » デザインフェスティバルって? » デザインフェスティバルについて相談

デザインフェスティバルについて相談

日本では全国各地でデザインフェスティバルが開催されており、グラフィックデザイン 、イラスト、絵画、ドローイング、マンガ、日本画 、写真、版画、映像・映画、アニメーション、3D、建築、彫刻・立体、インスタレーション、ファッション、プロダクト、工芸、陶芸、メディアアート、音楽、パフォーマンス、公開制作・滞在制作といったいろいろなジャンルのものを扱っています。
今紹介したものはあくまでも一部のジャンルですし、このひとつひとつのジャンルの中にも枝分かれ的にジャンル分けすることができるものも多く、日本はアートの面でとても発展している国であることが伺えます。

たとえば日本のアニメーション技術の高さは世界的にもよく知られており、海外でも積極的に日本のアニメが放送されていますし、子供から大人まで楽しめる作品も数多くあります。
実際に日本で開催されているデザインフェスティバルに海外から来たという来場者もたくさんいますし、知名度の高いデザインフェスティバルでは、物凄い数の外国人を見かけることもめずらしくありません。
デザインフェスティバルの規模もジャンルによって異なり、総合的なデザインフェスティバルにするのであればかなり大きなイベントになりますが、ひとつのジャンルに特化したイベントにするのであればそれほど大きな会場を準備しなくてもできてしまうことがあります。

それではデザインフェスティバルを開催する際に相談してから決めたいという場合、どんな人に相談するのがベストなのでしょうか?
まずひとつめは弁護士など法律の専門家への相談で、ここでは自分がどんな規模でどんな内容のイベントフェスティバルを開催したいのか明確に伝え、その問題点や直しておかなければならない点を伝えることが大切です。
弁護士と顧問契約を結んでいると、たとえばイベント中にトラブルが発生してしまった場合でも対応してくれますし、あらかじめ警察の手配をしてくれることもあります。

もっと身近な存在に相談したいという場合は、実際にデザインフェスティバルを開催した人にどんな様子だったのか聞いてみるのもおすすめですし、実際に経験していることが聞ければ自分たちがデザインフェスティバルを開催するときにはどんなことに注意すればいいのか分かりますから、よりよいイベントにできるでしょう。
まずは相談したい内容をしっかり整理して、話すべき相手は誰なのかを明確にしておくといいでしょう。