デザインフェスティバルでできるサービス

HOME » デザインフェスティバルって? » デザインフェスティバルでできるサービス

デザインフェスティバルでできるサービス

日本では各地でいろいろなアート作品を披露するデザインフェスティバルが開催されており、賑わいを見せていますが、盛況になっているところにはどこもそれなりの魅力があって、ターゲットとなる顧客層の心をいかにつかむかが大きなポイントになると言ってもいいでしょう。
デザインフェスティバルを運営する側はどんなことをしなければならないのかはもちろん、どんなことができるのかも考えておかなければなりませんので、できるだけ早い段階で構想を練っておいてください。

まずデザインフェスティバルで扱っている代表的なものと言えば簡単に紹介するだけでもグラフィックデザイン 、イラスト、絵画、ドローイング、マンガ、日本画 、写真、版画、映像・映画、アニメーション、3D、建築、彫刻・立体、インスタレーション、ファッション、プロダクト、工芸、陶芸、メディアアート、音楽、パフォーマンス、公開制作・滞在制作といった種類があげられますし、この中のひとつのジャンルの中にもいろいろな種類が存在するので、非常にバリエーション豊かなイベントになることは間違いありません。
最近特に人気を呼んでいるのがデジタルなテクノロジーを駆使したアートで、アニメーションや3D関連のデザインフェスティバルは大変人気になることが多いですし、有名なアニメーターのイベントになると来場するだけでもけっこう大変になることがあります。

また、運営する側は来場者に対してどのようなサービスを提供できるのか考えることも大切で、サービス内容が来場者の需要とうまくマッチしていれば、参加してよかったと思えるはずですし、また同じようなデザインフェスティバルが開催されたときには参加したいと思えるでしょう。
来場者の需要にあったサービスとは具体的にどんなことがあげられるかと言うと、たとえばアニメーション関連のデザインフェスティバルであれば、アニメーターのファンの人が参加する可能性が高いのでちょっとしたグッズをプレゼントするだけでも違いますし、中で購入できるものの中に限定品があれば購買意欲もわいてくるのではないでしょうか。

うまく来場者を巻き込むことがデザインフェスティバルを成功させるもっとも大きなポイントになりますし、そのためには効果的なサービスを提供できる環境を整えておかなければなりません。
まずは自分たちのできることは何か、予算はどれくらいになるかを明確にしながらやっていきましょう。