デザインイベントへ行こう

HOME » デザインフェスティバルって? » デザインイベントへ行こう

デザインイベントへ行こう

これを読んでいる皆さんの中にはデザインイベントへ参加したことがある人もいると思いますが、実際に参加したことがある人はどんなことを考えて参加しましたか?
自分の好きなジャンルのデザインイベントが開催されていたからという人もいれば、何となく興味があったから参加してみたという人もいるでしょうし、参加してみて良かったと満足している人もいれば、期待外れだったと嘆いている人もいると思います。
自分の好きなジャンルのデザインイベントだったのでワクワクしながら行ったのに結果的に満足できなかった…というケースもあれば、それほど期待せず、興味もない状態で足を運んだら結果的に虜になってしまったという声を耳にすることも少なくありません。

それではどのようにすればデザインイベントへの参加に満足できるのかと言うと、これはまず本当に行きたいデザインイベントかどうかをきちんと知っておくことが重要です。
特に初めてデザインイベントへ参加する場合、ただチケットを購入して好きなジャンルだからというだけで行くよりも、詳しく内容を下調べして行ったほうが何となく内容を理解できた状態で行けるので必要以上にがっかりすることもありませんし、安心感を持って臨めるはずです。

もちろん中にはあまり内容を知った状態で行きたくないという人もいるでしょうから、そういった人たちは仕方ありませんが、より楽しく参加するなら自分でうまく楽しめるようなスケジュール調整をすることが求められます。
これはデザインイベントだけに言えることではなく、すべてのイベントに共通していることなので、把握しておいてください。

また、デザインイベントの多くはスポンサーが協賛しており、スポンサーになっている企業がサービス提供を行っている可能性もあります。
ですからスポンサーがどこなのかもチェックできればしておいたほうがいいですし、たとえばハンドメイドアクセサリーを購入する場合はその素材が本物かどうか確認しておかなければなりませんし、購入する際は分からなくてもしょうがないという気持ちでいたほうが気楽だと思います。

デザインイベントにも規模の大きさがあって、総合的なデザインイベントの場合はブースが設けられており、いろいろな種類のアートに触れることができます。
また会場がかなり大きくなると迷子になってしまう可能性もありますから、あらかじめ会場の地図で場所を確認し、周囲にあまり迷惑かけないように心がけてください。